【反応しない】ことで、心の隙間を作る。

日常アウトプット

本日から、アウトプットを再開していきます

昨日、初めて契約したお店の初日
お試しの時と「痛み」が格段に違うんです。

体感的に10倍以上

それを店員さん位伝えたところ

「それは大変ですね〜」

の一言・・・ただそれだけ・・・

「えっ、それだけ?」

と思わず口に出そうになりましたが
そんなことは言わずに、

「以前に比べて、冷たくないんですけど・・・」

と伝えたところ、

「いや、マイナス4℃になってるので冷たいですよ!」

僕は言葉を失いました・・・

今までの僕なら、「イラっ」として
クレームを出していたと思います。

しかし、今回の出来事では
「この現象から、学ぶことはなんだ?」
と自分に問いかけていました!!!

こう思うと自分自身の成長って感じられるもんですね。

あの店員さんの言葉に「反応」して怒っていたら、
自分の成長に気づくことが出来てませんでしたし
嫌な気持ちが残ったままでした。

【反応しない練習】のおかげですね

ここでは終わらないですよ〜
さらに、この出来事での「気づき」をシェアします

今日の一言
「暇は大切」
どう言うことかと言うと

「自分心に余裕がない状態では、相手の想いを受け取ることが出来ない」

心に余裕がない状態 = 心に隙間がない状態

隙間がないので、別のものを入れ込むことが出来ない。

押入れがパンパンなのに、服は入れれないですよね?
携帯の容量がパンパンなのに、新しいアプリはダウンロード出来ないですよね?

それは「心」や「脳」も一緒です

心や脳にも隙間を作る!整理や断捨離をすることです。

そういった意味でも、「暇」が大切です。
実は「暇」はネガティブではありません。

ただ、余裕をもって生活しよう!
という「心がけ」の言葉なんです

あなたも、「心の暇」作りませんか?

今日も良い1日をお過ごしください。
また、明日〜^^

【おすすめの本】