良いケアマネージャーとは?ケアマネージャーを選ぶ3つのポイント

介護知識

 

ど~も!介護革命家のヤスです。

今日はケアマネージャーについてのお話です。

ケアマネージャーとは、介護サービスを利用するにあたりケアプランを作成してくれる人のこと。自分に合ったプランを作成してもらえるかどうかは、ケアマネージャーとの相性次第と言っても過言ではありません。

 

そんな重要なポジションにいるケアマネージャ。選ぶのに大事な3つのポイントがあります。

 

ケアマネージャーを選ぶ3つのポイント

 

前述の通り、ケアマネージャーは介護サービスを利用する上で、利用者とは切っても切れない関係となります。長い付き合いになりますから、自分に合った人を選ぶことが重要です。

「ここが大切だよ!」というポイントが3つありますので、それぞれ説明して行きますね。

話を聞いてくれる

ケアマネージャーの仕事はケアプランの作成し、利用者や家族の問題を解決することです。しっかりと話を聞いてくれるかは、非常に重要な点となって来ます。

分かり易く説明してくれる

介護サービスは内容も複雑で専門用語も多いです。その都度、分かり易く説明してくれるケアマネージャーはすごく良いです。

また、地域の特性であったり、色々な情報を持っていて、「その困り事だったら、この事業所が良いよ」と答えてくれるケアマネージャーは頼りになります。

信頼できる

担当になったケアマネージャーは、最低でも月1回は利用者の家を訪問します。長い付き合いになりますから、「この人には来て欲しくない」「相談がし辛いな」という人では困ってしまいますよね。

長期に渡り、悩みや困り事を相談し易いケアマネージャーを選びます。

ケアマネージャーは変更可能

ケアマネージャーも他の介護サービスと同じ扱いなので、変更する(=事業所を変わる)ことは可能です。「この人合わないな」と感じたら、近くの地域包括センターに相談してみて下さい。別の事業所を案内してくれます。

 

まとめ

 

ケアマネージャーを選ぶ時は……

1.話をよく聞いてくれる

2.分かり易く説明してくれる

3.信頼できる

この3点に注意してみて下さいね。

サービスの性質上、ケアマネージャーとは長期の付き合いになります。適切な介護サービスを受けるために、自分に合った人を選んで下さい。