認知症の人へのコミュニケーション〜その3〜

認知症

今日も、認知症シリーズ【第8弾】

「認知症の人とのコミュニケーション」

について ✨その3✨

お伝えしていきます😊

 

 

 

今回は「コミュニケーションが困難」な場合への

コミュニケーション方法です‼️

 

 

 

んっ❓❓❓❓

 

 

「コミュニケーションが困難なのに

コミュニケーションを取る方法❓😒」

 

「そんなのあるの❓😵」

 

 

 

と、思われている方は多いかもしれません。

 

 

重度の認知症の人では、『言葉』による

コミュニケーションが不可能になります。

 

 

しかし、皆さんが普段何気なく行なっている事が

コミュニケーションスキルとして有効になるんです。

 

 

 

それは・・・

 

 

 

『非言語コミュニケーション』です✨

 

 

非言語コミュニケーションとは

言葉に頼らないコミュニケーションで

言葉以外を使用し意思疎通を図っていく方法のこと。

 

前回までのブログを見ていただいている方は想像がついたかもしれません。

 

 

例)手を握る、肩に手を乗せる、

  声のトーン、話す速度

  表情、眼差し、体の向き など

 

 

普段、誰かとコミュニケーションを図る際に

行なっていることと一緒ですよね❓😊

 

 

特別な事を必要とする訳ではありません✨

 

 

 

なぜ、一緒なのか❓

 

 

『言葉』というツールが使えないので、

五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)を使い

コミュニケーションを図っていくという事です😊

 

 

 

必要な事は『その方を受け入れる気持ち』

触れ合う事が多くなるので、人との距離が近くなり、

こちらの思いがダイレクトに伝わっていきます。

 

 

 

ダイレクトに伝わるため、こちらが受け入れない状態だと、

その方も受け入れてもらえない。

 

 

結果、コミュニケーションが取れない❗️

となるのです😱

 

 

これは、普段の人間関係にも通じるところが

あるのではないでしょうか❓😊

 

 

 

コミュニケーションには、

病気とか障害とか関係ないと思います‼️

 

 

 

どんな方でも『受け止める』という

気持ちが有るか無いかで変わってきます‼️

 

 

 

僕は認知症を学び、認知症の方と接する中で

『人として』を教えられる事がすごく多いと感じています😊

 

 

 

認知症を学んでいく事は

人生を学ぶことなんです✨

 

 

 

これからも、認知症を学び、関わり

人として成長させてもらいます😊

 

 

 

『あなたも五感を使ったコミュニケーションをしませんか❓』😊


——————————————-

4/21(日)に名古屋駅周辺で

🔥情熱の介護セミナー🔥

『介護の3ステップ』

を開催します😊

下のリンクからFacebookページで

詳細をご確認ください😊

https://www.facebook.com/events/2267882336613565/

——————————————

LINE登録もよろしくお願いします🤗

友だち追加