認知症の人とのコミュニケーション方法 〜その1〜

認知症

認知症ケアの大変な理由に

「コミュニケーションが取れない」

という事が挙げられます‼️

 

コミュケーションが取れない事で

意思疎通が取れず

お互いがストレスを溜めてしまう結果に至ります😱

 

そこで今日は、認知症シリーズ【第6弾】

「認知症の人とのコミュニケーション」について

お伝えしていきます😊

 

 

認知症にも色々な症状があるので

今回は「記憶に障害がある方」への

コミュニケーション方法です‼️

 

 

 

『記憶に障害がある場合』

 

1️⃣記憶障害の程度を判断する。

 

  その方のが大切な言葉を記憶しているか?を判断し、

 保たれていないのであれば「メモなどを使い、

 記憶できない部分を補う。

 また、メモでも補えない場合は

 その都度言葉で伝え補うことも必要になる。

 

 

 

2️⃣話を聞きたいという姿勢を示す。

 

  認知症になっても感情やプライドは保たれいるため、

 話を聞く姿勢が大切になる。

 

 姿勢とは「目線」や「表情」、「体の向き」です‼️

 

 目線や体の向きを相手に合わせ、笑顔で

 「あなたの思いを受け止めます」という事を、

 全身を使い表現することが必要です✨

 

 

 

 

3️⃣話をするために注意を向ける。

 

  認知症になると話していても

 他ごとに注意が向いてしまい、

 会話や作業が続かないことがあります。

 

 周りの音(会話、音楽)などに注意し

 集中しやすい環境を作る事が大切です。

 

 

 

この3️⃣つの方法を1つでも行う事で

認知症の方とのコミュニケーションが

1歩前進すると思います😊

 

 

「あなたも認知症の人に寄り添ってみませんか❓」😊

 

————————————————–

4/21(日)に名古屋駅周辺で

🔥情熱の介護セミナー🔥

『介護の3ステップ』

を開催します😊

下のリンクからFacebookページで

詳細をご確認ください😊

https://www.facebook.com/events/2267882336613565/

————————————————–

LINE登録もよろしくお願いします🤗

友だち追加