リハビリってなんじゃ?

未分類

ど〜も〜✨

ヤスでございます😊

 

今回は僕が主に関わっている、

「リハビリ」について

お伝えします😆

 

 

まず、1つ目✨

「リハビリとは?」

 

病院などでリハビリとよく聞くと思います‼️😊

 

正式名称

「リハビリテーション(rehabilitation)」

re(再び)、habilis(適した)から成り立っています。

 

 

リハビリが多く行われているのは、

「病院」です。次に「介護施設」、

「訪問(自宅)」の順です‼️

 

ちなみに僕は

介護施設の「通所リハビリ」

で働いています😊

 

施設に通われリハビリを行っています✨

 

通所系サービスには

「通所リハビリ」と「通所介護」

があり、特徴が重なっているところと

違うところがあります✨‼️

 

詳しい話はまた後日お伝えしますね🤗

 

 

さて、話を戻しましょう😆

 

 

今までのリハビリテーションは

病気や怪我をされ、心身に障害を持った方を

その障害が元の状態に戻るような訓練を

行うことだと考えられていました‼️

 

 

しかし、現在では障害を治すだけでなく

障害を持った人が障害を持ったままでも、

より良い生活を送っていけるように

支援していくことが重要だと考えられています✨

 

 

次に、2️⃣つ目✨

「リハビリは資格がいるの?」

 

リハビリテーションを行うには、

国家資格の取得が必要です‼️

資格がないと「リハビリ」は行えません😵

 

 

リハビリの国家資格は3️⃣つあります✨

 1️⃣理学療法士(PTHRPUS)

 理学療法士(physical therapist)とは

 寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩く

 など、日常生活を行う上で基本となる

 動作の改善を目指すことが主の業務となります。

 

 2️⃣作業療法士(OT)

  作業療法士(occupational therapist)とは

 身体や心に障害がある人や怪我や病気で

 体が動かせないといった人や精神的に

 落ち込んでいた人に対して、日常生活を

 快適に過ごすことができるようにサポート

 していくことが主の業務となる。

 

 3️⃣言語聴覚士(ST)

  言語聴覚士(speech-language-

  hearing-therapasi)とは

 生まれつきや病気により障害などによって

 話す、聞く、食べる、飲み込むことに

 不自由ながある人に通し、

 言語や聴覚能力などを回復させる

 リハビリを行う仕事です。

  

の3️⃣種類です‼️

 

 

3️⃣種類あることで

役割分担ができるのです😊

 

 

 

しかし、僕が働いている「介護領域」では

病院のように3️⃣職種が揃うことが

少なく、理学療法士でも作業や言語の

仕事も行わなければいけないことも多い状況です。

 

今回は

「リハビリとは?」

「リハビリには資格がいるのか?」

をお伝えしました😊

 

 

明日も引き続き「リハビリ」のことを

お伝えします✨

 

 

それでは、また明日✨😊