介護保険ってな〜に?part1

未分類

昨日までは認知症について

お話しさせていただきました😊

みさなん、分かりやすかったですか❓😆

 

 

さて、今日は認知症シリーズは

ひとまずお休みをして

『介護保険』とはなんぞや❓ということで

介護保険の基本をお伝えします😜‼️

 

 

まず、1つ目の質問‼️

「介護保険って、どんな保険なの?」

 

介護が必要な方に、その費用を

給付してくれる保険です。

 

介護保険は保険料税金

運営されており、自己負担額は

原則1割負担となっています。

 

 

ただし、

年収280万円以上の場合は2割負担

年収340万円以上の場合は3割負担

となっています‼️

 

 

2割負担以上の方は全国で数%程度で

大多数は1割負担です。

 

 

今後の流れとして、自己負担額を

さらに増やしていく可能性は

否定できません😫

 

今後の動向に要注意ですね👍

 

次に2つ目の質問‼️

「介護保険は、何歳から使えるの?」

 

介護保険は原則65歳以上から使用できます。

例外として40歳〜64歳までの方も

対象となる16種類の疾病(特定疾病)で

介護保険認定を受けた場合にのみ

サービスを受ける事ができます。

 

 

なぜ、若くても40歳からしか、

介護保険使用の対象にならないのか?

 

 

 

それは、保険料を納めるのは

40歳からだからです✨

 

 

最後に3つ目の質問‼️

「どうすれば、介護保険を使えるの?」

 

介護保険サービスを使用するには

お住いの市町村の介護保険担当窓口に行き

申し込むことから始まります。

また、各地域にある地域包括支援センター

訪ねて、申し込む事も可能です。

 

 

地域包括支援センターとは

「地域の介護相談所」みたいな所です✨

 

 

申し込み後に介護保険の対象者であるかを

判定してもらいます。これを要介護認定といい、

その調査に来る事を認定調査と呼びます。

 

 

要介護認定には

要支援1〜2、要介護1〜5の

7段階あり段階に応じて

1ヶ月に使用できる

介護保険の枠が決まっています。

 

その枠からはみ出ないように

調節するのがケアマネジャーです‼️

 

ケアマネジャーとは

介護保険を利用するにあたり、

介護の計画書(ケアプラン)を

作成し、限度額に合わせた

各種サービスの提案などを行なっている。

 

 

ケアマネジャーはご自身で決める事が

可能ですが、初めての方は

 

 

包括支援センターや病院などで

紹介された、ケアマネさんが

担当になる事が多いです。

 

 

ケアマネさんが立案した計画書に

基づき、ご利用する事業所が関わっていきます😆

 

 

 

今日はここまで‼️

 

 

 

明日も「介護保険ってな〜に」part2

を、お伝えいたします😊

 

 

今日は概要しかお伝えしていないので、

明日はもう少し、深い話を

していきますので、お楽しみに〜🤗