人間関係に困ったら「玉子を立てよう!!!」【暇の呼吸 壱の型】

暇の呼吸



みんな、暇してる?
どうも、暇神ヤスです

本日は『暇の呼吸』と題して、
あなたに「暇のススメ」をお伝えさせていただきます。

本日の【暇の呼吸】

壱の型 『玉子を立てる』

特に、人間関係に困ったら、玉子を立ててください。

「えっ・・・」
「何を言ってるの・・・?」

と思われたかもしれません
いや、思ったでしょう!!!

そう思った方はまず、玉子を立ててみてください!
生卵ですよ!「な・ま・た・ま・ご」

「立ちましたか?」「なかなか、立たないですよね?」

皆さんの疑問は
「テーブルに玉子を立てると。なぜ、人間関係がよくなるか?」
ですよね?

それは、
「相手を感じる力が高まるから」

玉子を立てるには、
玉子の呼吸を感じる必要があります。

呼吸を感じるとは、その玉子の特徴を感じるとると言うこです

同じように見える玉子にも
微妙に形の違いもあるし、中身のバランスも違うんですよ

それを感じ取れたとき、玉子が立つんです

「あ〜だ、こ〜だ」と、
雑念ばかり頭で考えている人は「立ちません!」

玉子ですら感じ取れないのに、人間の複雑な想いを感じ取れるはずがないですよね?

なので、「人間関係に悩んだら、玉子を立てるんです」

感じ取るのが難しいと分かるからこそ、

丁寧に「人の話を聞く」ことができる
丁寧に「人に言葉を伝える」ことができる
丁寧に「自分の想いと向き合う」ことができる

頭で分かる!ではなく、【五感で感じる】ことが
人間関係、人とのコミュニケーションで最も
大切なことだからです。

あなたも、玉子を立てて
「五感をフルに使ってみませんか?」

【おすすめ図書】
!鴨さんの最新刊!