リハビリってなんじゃ?part2

未分類

どうも〜、今日は早朝より

素晴らしい勉強会に参加し

モチベーション上がりまくりの

✨ヤス✨です😊

 

 

今回も「リハビリ part2」と

題しまして、

「リハビリ」とはなんぞや?

をお伝えして行きます☺️

 

 

昨日に続き、3️⃣つ目‼️

「病院のリハビリと

 介護施設のリハビリは 何が違うの❓」

 

 

1️⃣保険が違う❗️

 

 ・病院は「医療保険」で、

  外来(通院)や入院中に行う。

 

 ・介護施設は「介護保険」で、

  介護認定を受け、入所施設や

  通所施設、ご自宅で行う。

 

 

2️⃣目的の違い‼️

 ・病院でのリハビリ

  治療や訓練による特化した機能回復を行う。

 

 ・介護施設でのリハビリ

  日常生活全般をリハビリと捉えた

  機能維持を行う。

 

 

 

3️⃣日数制限がある‼️

 病院は入院すると概ね90日〜180日と

 決まっている。

 介護施設は特に期間は決まっていない。

 

 

 

4️⃣リハビリ時間の違い‼️

 ・病院だと1日 40分〜60分を

  毎日実施する。

 ・介護施設だと 1日20分を

  毎日実施可能。

 

 

  しかし、通いの施設だと、利用日数だけなので

  圧倒的にリハビリを行う時間が減ってしまう😵

 

 

退院され自宅に戻られてから

リハビリの頻度や時間が減ることを

「不安」に思う、利用者や家族が多い。

 

 

介護現場でのリハビリは1対1の

個別での関わりも行うが、それ以上に

「生活する中で、意識的にリハビリを行う」

ことが大切なんです。

 

 

例えば、「トイレ」行く際でも

・椅子から立ち上がる

・方向を変えトイレまで移動

・トイレの扉を開け

・便座に座る

・流す

・手を洗う

・扉を開ける

・椅子まで戻る

 

 

トイレまでの一連の流れの中でも

いろいろな動作が必要です。

 

 

それを、リハビリの訓練時だけ

意識的に行うのではなく

実際に自宅や施設でトイレにいく際に

 

 

「何を意識して動けば良いか?」

 

 

を、意識するだけで、日常の動作全てが

リハビリになると僕は考えている。

 

 

まだまだ、ご利用者はやってもらう

「リハビリ」を求めていることが多く、

日常で意識的に行っている

ご利用者が少ないのが現状です。

 

 

少しでも、日常の中で「意識」を高め

「楽しくリハビリ」をしていただけるように

これからも、「生活でのリハビリ」を

伝えていきます😊👍

 

 

 

今回はこれまで😊

また、次回をお楽しみに〜🤗